FC2ブログ

ジャンル関係なしな本の感想とか。まったり更新中。オススメの本がありましたら是非教えてください!

  本を読むヒトのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 小説(BL) > 「シナプスの柩」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シナプスの柩」

2008 - 01/28 [Mon] - 23:04

著者:華藤 えれな

【あらすじ】
両親を亡くし、大学三回生の時に天涯孤独となった桐嶋水斗は、日本心臓外科界の権威である長山の援助を受けて医師となった。だが、援助の代償に長山の下で働くことと躰を求められ続けていた。長山から逃れたいとの思いが募る日々の中、NYから敏腕外科医の樋口が赴任してくる。彼の天才的な医療技術に心酔した水斗は技術を教えてもらうことになり、いつしか樋口に惹かれていくが―。(上巻あらすじより)

シナプスの柩(上)シナプスの柩(上)
(2006/09/30)
華藤 えれな

商品詳細を見る


【感想】★★★★
ドラマCDにもなっている作品ですね。
※上下巻読了後の感想です※

最近、華藤さんも私の中でちょっと離れ気味の作家さんだったので、久しぶりの読書となりました。
期待したいけれど、どうなんだろ??という微妙な気持ちで読んだのですが、結構面白かったです。

両親に先立たれた水斗の孤独感と父の意志を継ぎたいという気持ちがとても切なかったです。
意思を継ぐという思いだけが、彼の原動力であり枷でもあります。

汚れてしまったら楽なのに、長山にありとあらゆる方法で貪られ、長山というウィルスに侵されることで、どんどんヒトとしての感情を削いでいってしまっている水斗。
だけれど、その方が彼にとってはとても楽だったのだろうと思います。

樋口に出会ったことで血の通った人間だと思い出して・実感してしまったからこそ水斗は今の現状を辛く、自分がどれだけ汚染されているのかを感じてしまうことになったのだから。
モノ・機械であったときは、これも手段だと思うことができたのだろうけれど…。

記憶喪失になるところから水斗の人生が動き出します。
水斗を支える樋口と子供帰りしてしまった水斗とのやりとりが、水斗の本当の心を映していて、どれほどまで水斗が苦しんでいたのかを考えるとかなり切なかった。
樋口に汚い自分を見せたくない・綺麗な自分じゃないと樋口に会えないという気持ちから、自分を押し込めてしまったのだと思いました。

あとがきで再生の物語だと華藤さんがおっしゃっています。
確かにそのとおり。
死と再生ですね。今までの自分から生まれ変わるという。
だけれど、ただ生まれ変わる・別人になるというのではなくて、今までのことを含めてすべてを受け止めて新たに…というところがとてもよかったと思います。

ドラマCDになるほど人気なのも分かる気がしました。

シナプスの柩(下)シナプスの柩(下)
(2006/10/31)
華藤 えれな

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Profile

hana*

Author:hana*
BL大好き!な10年超え腐女子です。最近、主腐になりました。
一般を含め重度の漫画・活字中毒。
細々と続けられたらいいな。

※リンク・TB大歓迎ですv
※コメ/TBはスパムが多いので承認後表示に
  しています。


ポチって頂けるとと更新の糧になります!

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent TrackBack

Counter


いつもありがとうございます!

Archive

Calendar

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

Rating

基本、ネタばれなし。(希望)
感想は追記以下に記載します。

【評価基準】
★(…)
★★(微妙)
★★★(普通~なかなか良い)
★★★★(よかった)
★★★★★(すごく好き)←殿堂

※★3は若干の幅があります。
 感想の雰囲気で察してください・・・。

BlogRanking

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

ブログ王
辺境過ぎるのでランキング参加。
気が向いたらポチってくださいなv

BlogPeople

Links

MailForm

メアド入力したくない方はaaa@aaa.co.jpと入力してください。メアドありの方は直接返信、ない方はブログ内でお返事します。

名前:
メール:
件名:
本文:


お気軽にどうぞ

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。